225先物投資情報や、ノウハウ、シグナルなどの研究開発したものを商品化。

DOJ002

SPAYさくら投資道場

a:793 t:1 y:0

ガッシーさんの「 週足投資法」

著者投資法の概略
ガッシーさん週足を見て市場の動向を判断し買いまたは売りのポジションをとっていく手法


認証コード(8157)


12月第4週

  • 投稿者:ガッシー (2016-12-25 (日) 13:47:10)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。

先週の日経平均は高値圏の中で保ち合い相場となりました。注目された日銀金融政策決定会合では現状維持が決定され、また日銀総裁の会見「円安が今の時点で行き過ぎとか弊害あるとの見通しない」を好感し株価は高値を維持しました。以前の同イベントでは株価が大幅に振れましたが、今回は高値安定に終始しており、相場が安定している様子がわかります。

それでは投稿以来のトレード結果、前回からの日経先物の動き、来週以降の投資方針についてお伝えします。

○投稿以来のトレード結果
前回(12月17日)の方針は押し目買いを主体としましたが、結果的には買い目標には届かずノートレードになりました。
 
投稿以来の結果は以下のとおりです。

9月20日 16350円 売り  21日16600円 LC  -250円
10月5日 16750円 買い  20日17250円 利確 +500円
10月24日17200円買い  28日17460円 利確 +260円
11月2日 17300円 買い  4日17000円 LC  -300円
  total +210円

 
 
○日経先物の動き
はじめに、月足の動きを見ます。
9月 始値16900 高値17170 安値16150 終値16390 (- 510円)、
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17440 (+1085円)
11月 始値17450 高値18490 安値16090 終値18380 (+ 930円)
12月 始値18370 高値19620 安値18220 終値19360 (+ 990円)(12/23現在)

週足の動きは以下のとおりです。
12月第1週(11月28日~12月2日)
週足   始値18310 高値18760 安値18210 終値18330(+20円)
日足   陽線 3本(+80円)  陰線 2本(-180円)
4時間足 陽線 17本(+690円) 陰線13本(-580円)

 12月第2週(12月5日~12月9日)
週足   始値18350 高値19000 安値18220 終値18990(+640円)
日足   陽線 4本(+650円)  陰線 1本(-90円)
4時間足 陽線 16本(+1010円) 陰線8本(-460円)十字線1本

12月第3週(12月12日~12月16日)
週足   始値18960 高値19500 安値18920 終値19380(+420円)
日足   陽線 4本(+310円)  陰線 0本 十字線1本
4時間足 陽線 12本(+600円) 陰線5本(-240円) 十字線3本

12月第4週(12月19日~12月22日)
週足   始値19400 高値19620 安値19230 終値19360(-40円)
日足   陽線 1本(+110円)  陰線 3本(-190) 
4時間足 陽線 9本(+370円) 陰線12本(-420円) 十字線3本

月足では上昇局面入り3か月目、上昇幅は3000円、17%以上の上昇幅となりました。
週足では11月9日の週から6週連続上昇となり、7週目の先週でやっと陰線を付けました。騰落率、オシレータ系指標などは相場の行き過ぎを示しています。
日足、4時間足でも上昇相場が一服感に見舞われていることが窺えます。来週は大納会を迎えます。年内は相場全体としてはこう着し、新年あけから一気に動くイメージがありますので、新年を迎えるまでにポジションは整理しておくことが必要と思います。
いずれにしても市場の関心事はこの上昇トレンドがいつまで続くのかにあります。答えはいつも時間を経過してからしかわかりません。

○来週のトレード方針
ポジション整理に当てます。

来週も皆さんにとって良いトレードになることをお祈りします。

コメント


認証コード(0485)

12月第3週

  • 投稿者:ガッシー (2016-12-18 (日) 16:45:30)

記載に誤りがありました。以下のとおり修正します。

日経先物の動きの週足の項、
(3番目の)
 12月第2週(12月5日~12月9日)を「12月第3週(12月12日~12月12日)」に変更

コメント


認証コード(6853)

12月第3週

  • 投稿者:ガッシー (2016-12-18 (日) 16:37:03)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。

先週は米国FOMCがあり、0.25%の利上げを発表、また2017年には3回の利上げを想定との報道を受け、ドルが上昇、1ドル118円を付け、日経先物も19500円まで上昇しました。懸念していた大幅な変動は起こらず、強い上昇基調を継続した1週間となりました。この上昇がいつまで続くのか、また大きな上昇トレンドの始まりなのか、答えはいつも時間を経過してからわかります。その答えを見つけるためには過去の株価の履歴を読み解いていくことが大事だと私は考えています。
それでは投稿以来のトレード結果、前回からの日経先物の動き、来週以降の投資方針についてお伝えします。幅

○投稿以来のトレード結果
前回(12月10日)の方針は米国FOMCに伴う変動を想定していたためノートレードとしました。これで5週続けてノートレードになりました。
 
投稿以来の結果は以下のとおりです。
9月20日 16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月5日 16750円 買い   20日 17250円 利確 +500円  
10月24日 17200円 買い  28日 17460円 利確 +260円
11月2日 17300円 買い  4日  17000円 LC  -300円  total +210円
 
 
○日経先物の動き
はじめに、月足の動きを見ます。
9月 始値16900 高値17170 安値16150 終値16390 (- 510円)、
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17440 (+1085円)
11月 始値17450 高値18490 安値16090 終値18380 (+ 930円)
12月 始値18370 高値19500 安値18220 終値19260 (+ 890円)(12/16現在)

週足の動きは以下のとおりです。
12月第1週(11月28日~12月2日)
週足   始値18310 高値18760 安値18210 終値18330(+20円)
日足   陽線 3本(+80円)  陰線 2本(-180円)
4時間足 陽線 17本(+690円) 陰線13本(-580円)

 12月第2週(12月5日~12月9日)
週足   始値18350 高値19000 安値18220 終値18990(+640円)
日足   陽線 4本(+650円)  陰線 1本(-90円)
4時間足 陽線 16本(+1010円) 陰線8本(-460円)十字線1本

12月第2週(12月5日~12月9日)
週足   始値18960 高値19500 安値18920 終値19380(+420円)
日足   陽線 4本(+310円)  陰線 0本 十字線1本
4時間足 陽線 12本(+600円) 陰線5本(-240円) 十字線3本

先週と同様になりますが、月足では10月から上昇局面入り、12月に上昇3か月目となります。この間の上昇幅は2900円、17%以上の上昇幅となりました。相場の過熱感はそれほどには感じられませんが、騰落率、オシレータ系指標などは相場の行き過ぎを示しています。市場参加者の多くが利益確定のタイミングに走った場合は大幅な下落があるものと思いますが、そのタイミングがいつなのか全くわかりません。ただし、過去の統計上の指標は相場が短期的には高値圏にあることを示しています。
来週はクリスマスです。懸念は尽きませんが、この相場がクリスマスプレゼントになるといいですね。

○来週のトレード方針
上昇相場が維持されるものと判断します。ただし、上値追いはせず、押し目買いを主体に考えます。これらのことから、来週以降のトレード方針は以下のとおりとします

買いエントリー目標 19000円 利確目標19500 ロスカット18500

来週も皆さんにとって良いトレードになることをお祈りします。

コメント


認証コード(7499)

12月第2週

  • 投稿者:ガッシー (2016-12-11 (日) 16:59:53)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。

12月第2週が経過しました。危惧していたイタリアの国民投票、メジャーSQに伴う大きな振れはありませんでした。来週は市場関係者が最も注目している米国FOMCがあり、1年ぶりの利上げが確実視されています。2015年12月の利上げ局面を振り返ると、当時の日経平均は18600円から19800円に上昇、為替も121円から123円に上昇しました。しかしながら、その後は日経平均も為替も大幅な下落に転じ2016年は底練を続けました。そして現在、米国大統領選挙を契機として上昇局面に転じています。
2015年と現在の相場環境が異なることから、日経平均も為替もどうなるかが大きな注目ポイントです。米国FOMCを境に相場環境が一変するということもあり得るかと思います。

それでは、投稿以来のトレード結果、前回からの日経先物の動き、来週以降の投資方針についてお伝えします。

○投稿以来のトレード結果
前回(12月5日)の方針は以下のとおりであり、4週続けてノートレードになりました。
買いエントリー目標 17800円 利確目標1830お0 ロスカット17400

投稿以来の結果は以下のとおりです。
9月20日 16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月5日 16750円 買い   20日 17250円 利確 +500円  
10月24日 17200円 買い  28日 17460円 利確 +260円
11月2日 17300円 買い  4日  17000円 LC  -300円  total +210円
 
 
○日経先物の動き
はじめに、月足の動きを見ます。
9月 始値16900 高値17170 安値16150 終値16390 (- 510円)、
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17440 (+1085円)
11月 始値17450 高値18490 安値16090 終値18380 (+ 930円)
12月 始値18370 高値19200 安値18220 終値19170 (+ 800円)(10日現在)

週足の動きは以下のとおりです。
12月第1週(11月28日~12月2日)
週足   始値18310 高値18760 安値18210 終値18330(+20円)
日足   陽線 3本(+80円)  陰線 2本(-180円)
4時間足 陽線 17本(+690円) 陰線13本(-580円) 
12月第2週(12月5日~12月9日)
週足   始値18350 高値19000 安値18220 終値18990(+640円)
日足   陽線 4本(+650円)  陰線 1本(-90円)
4時間足 陽線 16本(+1010円) 陰線8本(-460円) 十字線1本 
先週と同様のコメントになりますが、現在の上昇局面は3か月目であり、この間の上昇幅は2800円、15%以上の上昇幅となりました。また、先週の大幅な上昇の動きは下落を見込んだ売りがストップロスに巻き込まれ持ち上げられた上昇のように感じます。
週足 日足、4時間足を見ますと、利益確定の売りを吸収しさらに仕掛け的な売りを巻き込んで、さらに上昇しているのがわかります。この点が先週が異なり上昇のエネルギーが大きくなりました。今後、この動きが強まっていくのか、止まるのか、反転していくのか、来週も興味深い相場が続きます。

○今後のトレード方針
上昇相場が維持される可能性が高いと判断しますが、来週の米国FOMCの通過後の市場の動きは全く分かりません。したがって、来週のトレードは実施しません。

来週も皆さんにとって良いトレードになることをお祈りします。

コメント


認証コード(4897)

12月第1週

  • 投稿者:ガッシー (2016-12-04 (日) 13:18:35)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。

2016年12月に入りました。この1年は年初から大幅下落の後、2月から11月まで底練を続け、11月の米国大統領選挙を契機として上昇局面となりました。現在は年初の株価位置となっています。この上昇局面がいつまで続くのかということですが、それを解くカギは過去の株価の履歴を読み解いていくことが大事だと私は考えています。
早速ですが、投稿以来のトレード結果、前回からの日経先物の動き、来週以降の投資方針についてお伝えします。

○投稿以来のトレード結果
前回(11月25日)の方針は以下のとおりであり、結果的にはノートレードでした。
 買いエントリー目標 18100~18200円 利確目標18500 ロスカット17800

投稿以来の結果は以下のとおりです。
9月20日 16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月5日 16750円 買い   20日 17250円 利確 +500円  
10月24日 17200円 買い  28日 17460円 利確 +260円
11月2日 17300円 買い  4日  17000円 LC  -300円  total +210円
 
 
○日経先物の動き
はじめに、月足の動きを見ます。
9月 始値16900 高値17170 安値16150 終値16390 (- 510円)、
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17440 (+1085円)
11月 始値17450 高値18490 安値16090 終値18380 (+ 930円)

週足の動きは以下のとおりです。
11月第4週(11月21日~11月25日)
週足   始値18020 高値18490 安値17920 終値18380(+360円)
日足   陽線 3本(+320円)  陰線 1本(-20円)
4時間足 陽線 11本(+450円) 陰線9本(-295円) 十字線1本(0円)
11月第5週(11月28日~12月2日)
週足   始値18310 高値18760 安値18210 終値18330(+20円)
日足   陽線 3本(+80円)  陰線 2本(-180円)
4時間足 陽線 17本(+690円) 陰線13本(-580円) 

9月からの月足を見ますと、10月から上昇局面入りとなり、12月には3か月目となります。この間の上昇幅は2000円であり10%以上の上昇幅となりました。今後、市場参加者の多くが利益確定のタイミングを考える状況が来ることが予測できるのではないでしょうか。そのタイミングがいつなのか、そして利益確定の後も日経平均は上昇を続けるのか、下落に転じるのか、12月はその綱引きになるのではないでしょうか。
11月の第4週から第5週の週足を見ますと、上昇を維持しつつも、上値付近では利益確定の売りが出ています。明らかに上昇のエネルギーが弱まっていることが窺えます。今後、この動きが強まり、反転していくのか、上昇の踊り場になるのか、来週も興味深い相場が続きます。来週は、イタリア総選挙の結果を受けて相場が始まり、週末には12月のメジャーSQがあります。上下に大きく振れることがあるかもしれません。

○今後のトレード方針
上昇相場が維持されつつも、一旦、踊り場に来ていると判断します。このような時に大きなショックを受けると思わぬ下落に進展することがあります。これらのことから、来週以降のトレード方針は以下のとおりとします。

買いエントリー目標 17800円 利確目標18300 ロスカット17400

来週も皆さんにとって良いトレードになることをお祈りします。

コメント

  • スタートが9/10でしたので、早くも3か月。他者に働きかけると、自分の力がわかる。ありがとうございます。 -- 管理人 2016-12-05 (月) 17:05:36

認証コード(4426)

無題

  • 投稿者:ガッシー (2016-11-27 (日) 17:07:27)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。

久しぶりの更新になります。前回のトレード方針は、11月第2週以降「下落がどこまで進むかわからないので週足が陽線になるまでトレードをしない。」ということにしました。結果的には、11月8日米大統領選挙の結果を受けて、大幅な下落の後、元の上昇基調に戻り、現在も上昇を続けています。

それでは月足の動きを見てみたいと思います。
9月 始値16900 高値17170 安値16150 終値16390 (- 510円)
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17440 (+1085円)
11月 始値17450 高値18490 安値16090 終値18360 (+ 910円)(11/26現在)

11月も残り3日となりました。このまま上昇基調を続けると今年1月以来の高値に戻ります。1年かけて元の状況になりますが、年初からの下落の意味を考えるとここまでの上昇には不自然さも感じています。上昇はいつまで続くのか、上昇相場は本物なのかどうか判断が難しい局面にさしかかっているような感じがしています。

それでは、週足投資法について、これまでの投資方針に基づくトレード結果、前回からの日経先物の動き、来週以降の投資方針についてお伝えします。

○トレード結果:投稿以来の結果は次のとおり。
9月20日 16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月5日 16750円 買い   20日 17250円 利確 +500円  
10月24日 17200円 買い  28日 17460円 利確 +260円
11月2日 17300円 買い  4日  17000円 LC  -300円  total +210円
 
○日経平均先物の動き:以下のとおりです。
11月第2週(11月7日~11月11日)
週足   始値16920 高値17620 安値16090 終値17400(+480円)
日足   陽線 3本(+1280円)  陰線 2本(-990円)
4時間足 陽線 20本(+1755円) 陰線 12本(-1575円) 

11月第3週(11月14日~11月18日)
週足   始値17430 高値18170 安値17270 終値17970(+540円)
日足   陽線 4本(+570円)  陰線 0本(0円) 十字線1本(0円)
4時間足 陽線 17本(+1080円) 陰線11本(-370円) 十字線1本(0円) 

11月第4週(11月21日~11月25日)
週足   始値18020 高値18490 安値17920 終値18380(+360円)
日足   陽線 3本(+320円)  陰線 1本(-20円)
4時間足 陽線 11本(+450円) 陰線9本(-295円) 十字線1本(0円)

第2週では下落のエネルギーを上回る上昇のエネルギーが吸収しました。第3週では上昇のエネルギーがさらに増幅されました。第4週では、上昇と利益確定の売りが交錯しており、上昇エネルギーが弱まっていることが窺えます。現在の株価位置が上昇局面のどの位置にあるのか、今年1月につけた日経先物の高値18950円を超えていくのか、途中で下落に転じるのかが注目ポイントとなるのではないでしょうか。もし、途中で下落するようであれば、急激な上げの後なので、急落も視野に入れることが必要かもしれません。

○今後のトレード方針
基本的には上昇相場が維持されていると判断、4時間足で見られるように一方的な上げは少なり、上げ下げを繰り返しながら緩やか上昇を想定します。したがって、エントリーは買いをメインに考え、売りは控えます。ただし、途中で下落するようであれば、急落も考えておくことも必要があります。

買いエントリー目標 18100~18200円 利確目標18500 ロスカット17800

来週は12月に入り、米国雇用統計の発表、イタリア選挙、米国FOMCといったイベントに関心が集まるようです。短期で見ると市場の振れ幅が大きくなりますが、長期で見ると振れ幅は修正されてきます。また、大きな変化の端緒はほんの小さな値動きに現れているかもしれません。それを判断する方法は注意深く市場の値動きを見ていく以外にありません。
来週も皆さんにとって良いトレードになることをお祈りします。

コメント


認証コード(7584)

11月第1週

  • 投稿者:ガッシー (2016-11-06 (日) 21:28:09)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。
最初に月足の動きを見てみたいと思います。
9月 始値16900 高値17170 安値16150 終値16390 (- 510円)
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17440 (+1085円)
11月 始値17450 高値17490 安値16800 終値16890 (- 560円)(11/4現在)

11月に入り下落が先行し、現在の日経225は9月の始値付近に株価が位置している状況です。それでは、週足投資法について、投資結果、来週の投資方針についてお伝えします。
前回お伝えしました投資方針によるトレード結果については以下のとおりになりました。
11月2日 17300円 買いエントリー  4日 17000円 LC -300円

投稿以来の結果は次のとおり。
9月20日 16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月5日 16750円 買い   20日 17250円 利確 +500円  
10月24日 17200円 買い  28日 17460円 利確 +260円
11月2日 17300円 買い  4日  17000円 LC  -300円  total +210円
 
前回から今回までの日経平均先物の動きは以下のとおりです。
10月第4週(24日~28日)
週足   始値17210 高値17490 安値17120 終値17460(+250円)
日足   陽線 4本(+265円) 陰線 1本(-15円)
4時間足 陽線 18本(+520円) 陰線 10本(-320円) 十字線2本(±0円)
11月第1週(10月31日~11月4日)
週足   始値17410 高値17500 安値16800 終値16890(-520円)
日足   陽線 1本(+30円)  陰線 3本(-530円)
4時間足 陽線 7本(+295円) 陰線 15本(-740円) 十字線1本(±0円)

以上の結果から、現在の225の値動きは前週の上昇分をすべて吐き出した形となりました。一方、月足では上昇を維持しつつ押し目を作っている状態です。現在が下落の始まりなのか、それとも上昇トレンド中の押し目ととらえるのか、判断が分かれるところです。
過去の株価位置では、16800円前後に抵抗帯があり、一旦、この位置で止まったように見えます。また、週足のストキャスティクスでは下降の途中で更なる下落を呼びそうな形状となっています。
このような相場環境から来週のトレード方針を以下のとおりとします。
基本的には上昇相場が維持されていると判断しますが、どこまで下落が進むかわかりません。したがって、週足が陽線になるまでトレードをしないこととします。
11月の米国雇用統計の発表では株価に大きく影響を与えるような動きは見られませんでした。市場の関心は、11月8日の米国大統領選挙に集中しているようです。
来週も良いトレードになることをお祈りします。

コメント


認証コード(4723)

10月第4週(追記)

  • 投稿者:ガッシー (2016-10-29 (土) 15:18:09)

投資方針の中にLcが抜けていました。
買いエントリー目標 17250~17300円 利確目標17450円 LC 17000円です。

コメント


認証コード(9809)

10月第4週

  • 投稿者:ガッシー (2016-10-29 (土) 15:06:02)

こんにちは ガッシーです。週足投資法についてお伝えします。
最初に9月と10月の相場の動きを見てみたいと思います。
9月 始値16900 高値17165 安値16150 終値16390 -510円
10月 始値16355 高値17495 安値16310 終値17395 +540円(28日現在)
市場参加者の多くが10月は下落相場を想定(期待)していましたが、9月の弱気相場から逆に相場は上昇に動いたということになります。アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉に「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の下で育ち、楽観の中で成熟し、幸福観の中で消えていく」がありますが、現在はどの段階なのでしょうか。興味深いところです。

それでは、週足投資法について、投資結果、来週の投資方針についてお伝えします。
前回お伝えしました投資方針によるトレード結果については以下のとおりになりました。
10月24日 17200円 買いエントリー  28日 17460円 利益確定 +260円
投稿以来の結果は次のとおり。
9月20日  16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月 5日 16750円 買い   20日 17250円 利確 +500円  
10月24日  17200円 買い  28日 17460円 利確 +260円   total 510円
 
前回から今回までの日経平均先物の動きは以下のとおりです。
10月第3週(17日~21日)
週足   始値16880 高値17300 安値16810 終値17220(+340円)
日足   陽線 4本(+420円) 陰線 0本(0円) 十字線1本(0円)
4時間足 陽線 18本(+630円) 陰線 9本(-90円) 十字線3本(±0円)
10月第4週(24日~28日)
週足   始値17210 高値17490 安値17120 終値17460(+250円)
日足   陽線 4本(+265円) 陰線 1本(-15円)
4時間足 陽線 18本(+520円) 陰線 10本(-320円) 十字線2本(±0円)

以上の結果から、現在の225の値動きは上方へのトレンドを継続していると判断します。ただし、第3週に比較して上昇の力強さが収まってきています。上昇を維持しながら収縮に向かう可能性があるように感じます。ストキャスティクスという指標がありますが、この週足の値は90%(カブドットコム証券・kabuステーション)を超えています。過熱感がある状態と言えそうです。また、値幅は第3週の高安490円 第4週370円と縮小してきました。

このような相場環境から来週のトレード方針を以下のとおりとします。
基本的には上昇相場の状況下で押し目を探すことが妥当判断します。
買いエントリー目標 17250~17300円 利確目標17450

来週は11月が始まります。恒例の米国雇用統計に始まり、米国大統領選挙があります。
今年は日米金融政策に振り回され、2月には暴落、6月にはBREXITと大きな変動が続いてきました。11月も同様に大きな変動に見舞われるかもしれません。このような状況下では大きく勝つことよりも大きく負けないこと、資金を目減りさせないこと、そして自分のルールを守ることが何よりも大事です。
来週も良いトレードになることをお祈りします。

コメント


認証コード(2848)

10月第1週~第3週

  • 投稿者:ガッシー (2016-10-22 (土) 13:32:14)

こんにちは ガッシーです。今週の週足投資法についてお伝えします。
前回お伝えしました投資方針によるトレード結果については以下のとおりになりました。
10月5日 16750円 買いエントリー  20日 17250円 利益確定
投稿以来の結果は次のとおり。
  9月20日 16350円 売り  21日 16600円 LC  -250円
10月 5日 16750円 買い  20日 17250円 利確 +500円  total 250円

気迷いの相場が結果的に上方に向かいました。前回から今回までの日経平均先物の動きは以下のとおりです。
10月第1週
週足   始値16350 高値16980 安値16310 終値16890(+540円)
日足   陽線 4本(+680円) 陰線 1本(-20円)
4時間足 陽線 17本(+635円) 陰線 13本(-500円)
10月第2週
週足   始値16850 高値16880 安値16640 終値16850(±0円)
日足   陽線 2本(+270円) 陰線 2本(-210円)
4時間足 陽線 16本(+840円) 陰線 13本(-740円) 十字線1本(±0円)
10月第3週
週足   始値16880 高値17300 安値16810 終値17220(+340円)
日足   陽線 4本(+420円) 陰線 0本(0円) 十字線1本(0円)
4時間足 陽線 18本(+630円) 陰線 9本(-90円) 十字線3本(±0円)

以上の結果から、現在の225の値動きは上方へのトレンドを開始したと判断します。また、今までの上値17030円を上に抜けたことから16800~17000を支持線として機能することが大きく、今後は17000円から上方へのトレンドを強めていく可能性が高くなると考えます。また過去3週間の値動きは、週間で300円~500円前後です。このような相場環境から今後のトレード方針を以下のとおりとします。
エントリー17000~17200円 利確目標17400~17600円 ロスカット16800円

相場は収縮と拡張の連続であり、収縮から拡張への方向が出たらチャンスへと変わっていくイメージを持っています。ここから相場が本格的に伸びていくかどうかはわかりませんが、大きな反転の動きがない限り、トレンドは継続していくことが常であります。まずは、この動きに期待しつつチャンスを待ちたいと思います。

コメント


認証コード(7025)

9月第4週~第5週について

  • 投稿者:ガッシー (2016-10-02 (日) 21:38:41)

こんにちは ガッシーです。9月第4週~第5週についてお伝えします。
前回お伝えしました投資方針によるトレード結果については以下のとおりになりました。
9月20日 16350円 売りエントリー  21日 16600円 ロスカット
結果的には日銀金融緩和を市場が好感したことにより下降トレンドには向かわなかったことになります。
9月第4週~第5週にかけての週足 日足 4時間足の状況については以下のとりです。
週足 第4週 始値16340 高値16730 安値16220 終値16570(+470円)
   第5週 始値16570 高値16760 安値16150 終値16390(-140円)
日足 第4週 陽線1日(+420円)  陰線3日(-100円)
   第5週 陽線2日(+470円) 陰線3日(-500円) 
4時間足 第4週 陽線7本 陰線11本
     第5週 陽線16本 陰線13本
以上の結果から、現在の225の値動きは明確なトレンドはなく保ち合いと判断します。
上下のレンジは上限が17000~16750 下限が16250~16150 今後のトレード方針については、この保ち合いの上限(16750)と下限(16200)をブレイクした方向にトレンドが発生する可能性が高くなると考えます。この場合、ブレイクした方向に順張りのポジションをとるようにします。
上にブレイクした場合 エントリー16750円 利確目標17250円 ロスカット16250円
下にブレイクした場合 エントリー16250円 利確目標15750円 ロスカット16750円
とします。
来週も気迷い相場が続きそうですが、いずれこの保ち合いをブレイクするときがやってきます。その時までチャンスを待ちたいと思います。

コメント


認証コード(4259)

9月第3週~第4週

  • 投稿者:ガッシー (2016-09-20 (火) 07:40:37)

9月第3週について 
こんにちは ガッシーです。9月第3週の週足投資法についてお伝えします。
9月第3週の週足 日足 4時間足の状況は以下のとおりです。
週足 始値16840 高値16860 安値16220 終値16350(マイナス490円)
日足 陽線2日(プラス180円)  陰線3日(マイナス620円)
4時間足 陽線12本(プラス465円)  陰線19本(マイナス1020円)
以上の結果から、現在のトレンドは下降と判断します。

今後のトレード方針については、下降トレンドにおける戻り高値を狙い売り目線でマーケットを見ていくことにします。9月19日現在の戻りの目安としては16300円~16400円とします。利確目標を16000円 ロスカットを16600円とします。
今週は日米金融政策決定会合がありますので、積極的なトレードはせずに待ちの姿勢で行いたいと思います。

コメント


認証コード(0475)

週足投資法

  • 投稿者:ガッシー (2016-09-10 (土) 21:07:13)

今回はSPAYさんのご厚意でこの場をお借りできました事に感謝申し上げます。
トレードの考え方について概要を記します。
トレードで利益を大きく伸ばすためにはトレンドのある期間にそのトレンドに乗ることであることは皆さんよくご存じであると思います。しかしながら、トレンドに乗ることは難しくどのようにトレンドを判断するかが重要なポイントであると感じてます。
そこで、以下のような考え方を実践しています。
トレンドは長期足、中期足、短期足の3本が、上昇の時は上から短期、中期、長期の足が順序良く並んだ時に最も上昇トレンドが強いこと、反対に下降の時はこの逆になります。
トレンド判定にあたっては、長期を週足、中期を日足、短期を4時間足又は1時間足として設定し、チャートを見て、トレンドを判定します。
ポジションを持つのは、長期・中期・短期の3つの足がすべて上昇、または下降になったときのみになります。このため、トレードの機会は少なく、1週間に1回程度になります。利確とロスカットについてはリスクリワードを1:1にします。トレンド発生時はその動きが継続する確率が高く、平均60%~70%と考えれば、このリスクリワードにより利益を積み上げていくことが可能と考えています。リスクの幅は、エントリーとトレンド転換までの距離、この距離と同一の距離に利確の位置を設定します。また、トレンドの判定にあたっては、ダウ理論を用います。それぞれの足がすべてダウ理論通りに上昇または下降になったときにエントリーするものです。
ちなみに、現在のトレンドは、長期(週足):保ち合い、中期(日足):保ち合い、短期(4時間足):下降、と判断しています。したがって、今はポジションはありません。
今後、1週間に1回程度の割合で、トレンド、ポジションについて述べていきたいと思います。よろしくお願いします。

コメント


認証コード(9926)

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional